読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える葦

新米SE。日々思ったことや好きな音楽など書いていこうかと 気軽にコメントしていってください、いろんな考えに触れてみたいと思っています。

キリンジ 朝焼けは雨のきざし

今日はキリンジについての記事で。

 

これも兄弟時代キリンジの名曲。

 

キリンジ 朝焼けは雨のきざし

 

この曲は夜に聴きたいというよりは、爽やかな気候のときに聞きたくなる。

暗さ、ネガディブさなどは感じず、ポジティブになりたい時に聴きたい、

そんな曲調で一見前向きで清清しい曲に感じます。

そして、この曲の歌詞。

 

東の雲は紅く
黄金色に夜露は輝いてる

昇っては消えていく
煙は白く細い糸のよう

 

これらのような美しい景色や、楽しそうな情景を表す歌詞が、美しいメロディーに合わさって流れてきます。

さらに、

「始発よりも早く愛を届けよう」

「この運命にあらがおう」

 

と、ロマンチックな言葉で愛を歌っている、一見そんな風に感じます。

 

ただ、この曲の歌詞。良く聴いてみると。

「君の部屋のベルを僕は鳴らすのさ」

「ドアを開けてくれ」

と。

実はこの曲、主人公が愛を語っている相手である、「君」からの描写が一度もありません。

主人公が「君の夢を見て」、「君の部屋のベルを僕は鳴らし」、「この運命にあらがおう」としています。

ストーカーの歌とも呼ばれているのを見たことがありますが、その所以はこれだと思います。

美しい情景、爽やかなメロディーと、実際に歌詞からイメージされる現実のギャップ。

この3つがおかしな絡まり方をしており、奇妙な心地よさを感じています。

私は、この曲のそんな不思議な魅力にとり付かれてしまいました。

 

ちなみに。

堀込兄弟の兄:堀込高樹は、このような変態的な曲を書かせると天才だと、よく評されていますが、もちろんこの曲も兄の作詞作曲です。